不妊症と高齢出産にはどのような関係がある?

2012年6月5日、厚生労働省の発表した平成23年人口動態統計の概況をみると、第一子出産時の母親の平均年齢が30.1歳となりました。これは、同統計の調査を開始して初の30歳越えとなります。医学上、高齢出産とは35歳を超えた出産を指しますが、上述した背景を勘案すると日本は高齢出産が進んでいると言えるでしょう。

実は、不妊症と高齢出産には深い繋がりがあるのです。不妊症の治療を行う夫婦がともに健康体であるにも関わらず、なかなか妊娠することが出来ないケースが増えているようです。特に、年齢が高くなるに従い、その傾向は顕著となります。具体的には、不妊治療が成功して子供が生まれる割合は、35歳で約16.8%、40歳では約8.1%です。しかも20代で不妊症に悩む女性の割合が約6%であるのに対して、40代では約64%だというのです。

これらの要因として考えられているのが“卵子の老化”です。卵子は、生まれた時から体内に存在していて、新たに作られることはありません。また卵子も年を取り、その数も減少していきます。卵子が老化することで、染色体にも異常が生じやすく、流産や受精障害などのリスクも高くなります。

非常に厳しい現実かも知れませんが、これらのリスクを認識しておくことが大切です。

これだけは知って欲しいがん保険の基本情報

がん保険に加入していると、入院や手術の際に給付金を受け取ることができます。一般的ながん保険では、契約日から90日の待ち期間があるため、万が一その期間にがんと診断された場合は、保証の対象外になります。

がん保険の保険金・給付金の種類は「がん入院給付金」、「がん手術給付金」、「がん診断給付金」、「がん死亡給付(保険)金」、「死亡給付(保険)金」などがあります。がん入院給付金は、がん治療のため入院したときに給付金を受け取れます。がん手術給付金は、がんの手術を受けた際、手術の種類に応じて給付金を受け取れます。がん診断給付金は、がんと診断されたときに給付金を受け取れます。がん死亡給付(保険)金は、がんを原因として死亡した場合受け取れます。死亡給付(保険)金は、がん以外で死亡した場合に受け取れます。

がん保険の保険期間は、年満期(更新)、歳満期、終身があります。年満期(更新)は、一定の年数を保険期間として保険会社が定める年齢まで更新できます。更新は、保険期間の満了時、その時点での健康状態に関係なく、一定の年齢まで自動更新できますが、その時の年齢や保険料率で再計算されると、保険料が高くなることが多いです。一方歳満期は、契約時に定めた年齢までを保険期間とします。終身は、一生涯保障されます。

これらの必要な知識を元にがん保険を見直しましょう。

がん保険の学習ならココが必見
http://xn--v8jxh0cm7z5bb2244dn21h.com/

一サラリーマンが保険の見直しについて考えています。